佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事(左)に目録を手渡したジーンスレッドの森本益生社長=白石町深浦の同社

 白石町深浦の縫製メーカー「ジーンスレッド」(森本益生=ますお=社長)が22日、佐賀未来創造基金(佐賀市)に10万円を贈った。同社が手掛ける布マスクの売上金の一部で、子ども食堂の食材費や活動費などに活用される。

 同社で開かれた贈呈式で、森本社長は「子どもたちが潤うために力になれれば」と話し、佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事に目録を手渡した。山田代表理事は「子どもの居場所づくりに役立てていきたい」と話した。

 佐賀未来創造基金は、子どもの居場所づくりを支援するプロジェクトを設立、基金を募って活動団体をサポートしている。(中島佑子)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加