新聞記事から各国の感染状況や政府の対応を探る生徒ら=神埼市の脊振中

 神埼(かんざき)市の脊振(せふり)中(三上智一校長)で11日、佐賀新聞(さがしんぶん)社による出前授業(じゅぎょう)が開かれました。3年生は新型コロナウイルスについて書かれた新聞記事から各国の状況(じょうきょう)を考える学習に取り組んでおり、その一環(いっかん)で新聞の役割(やくわり)や読み方を学びました。
 生徒たちは欧州(おうしゅう)と米国、日本のグループに分かれて、10、11月の新聞から切り取ったコロナに関する記事を用意。多久島文樹・NIE推進担当(すいしんたんとう)デスクなどに助言を受けながら、各国の感染状況(かんせんじょうきょう)や政府(せいふ)の対応(たいおう)、国民の受け止めについてまとめ、発表しました。
 多久島デスクは「新聞は世界や社会を見ることができる『窓(まど)』で、記事は情報(じょうほう)を得ることができる『ドア』」と役割(やくわり)に触(ふ)れ、「興味(きょうみ)がある『ドア』を見つけたら中に入って読(よ)み込(こ)んで」と呼(よ)び掛(か)けました。見出しやリード、写真から読み取れることも紹介(しょうかい)しました。
 日本についてまとめた山下萬咲(まんさく)さんは「政府(せいふ)が自分たちにどんなことをしてくれているか分かったので、今後も新聞を読んで知っていきたい」と意識(いしき)を高めていました。(18日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加