出場者が日頃の練習の成果を披露した九州新聞社ピアノコンクール佐賀・長崎予選=佐賀市白山のエスプラッツホール

 第8回九州新聞社ピアノコンクールの佐賀(さが)・長崎(ながさき)予選が19、20の両日、佐賀市(さがし)白山のエスプラッツホールでありました。小学5・6年課題曲部門グランプリの新井笑子さん(江北小6年)らが本選出場を決めました。
 自由曲、課題曲、デュオの3部門15コースに幼児(ようじ)から一般(いっぱん)までの168人が出場。小学1・2年生自由曲コースで発表した多久市(たくし)の東原庠舎中央校1年の蒲地芙来さんは「緊張(きんちょう)したけど、初めてペダルを踏(ふ)んでの演奏(えんそう)ができてよかった」とほほ笑(え)みました。
 グランプリ受賞者らが進む本選は、来年2月20、21日、福岡市(ふくおかし)の福岡(ふくおか)女学院ギール記念講堂(こうどう)で、ゲスト審査(しんさ)員に日本を代表するピアニストの横山幸雄さんらを迎(むか)えて開かれます。(22日付16面)
 グランプリ受賞者は次の通り(敬称略)
 【課題曲部門】2歳 森田結衣(佐賀市)▽幼児A 久保田史華(佐世保市)▽幼児B 藤本椛代(多久市)▽小学1・2年 森田茉那(西川副小)▽小学3・4年 脇山莉子(浜崎小)▽小学5・6年 新井笑子(江北小)
 【自由曲部門】幼児C 日浅茉莉(福岡市)▽小学1・2年 野田秀真(佐賀大附属小)、松尾芙実(東原庠舎中央校)▽小学3・4年 梶原星来(福岡県筑前町)▽小学5・6年 松本空(長崎市)▽中学生 吉村望来(長崎市)▽高校生 今石実咲(春日市)、原口真子(長崎市)▽大学生 大橋寧々(福岡県粕屋町)▽一般 徳永義昭(佐賀市)
 【デュオ部門】デュオB 荒木はな(小郡市)・中村七菜(基山小)

このエントリーをはてなブックマークに追加