佐賀市水ヶ江の旧佐賀市民会館跡地に「まちなかライブラリー鎌田文庫」がある。木の香りとともに温かい気持ちになる空間。きれいに整理された本の中から、お気に入りの一冊を見つけられる、素敵な場所となっている。

 「鎌田文庫」はなぜ、ここにできたのか。運営する溝上泰弘さん(株式会社ミズ会長)によると、健康寿命の高い山梨県では、一人当たりの読書量が多いという。読書と健康の相関関係を知った溝上さんは、街中に誰でも自由に利用できる図書館を作ろうと決意。また、「ミズ」が運営する「おへそ保育園」の園児に読書の習慣を身に付けて欲しいと思ったのも理由の一つとのこと。名前の由来は、交流のある長野県諏訪中央病院の名誉院長である鎌田實さんの協力があったから、そのまま「鎌田文庫」となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加