カノエラナ

 シンガー・ソングライターのカノエラナさん(唐津市出身)が、ニセ電話詐欺の被害防止を啓発するテーマソングの制作に取り組むことが決まった。カノエさんは18日、自身のツイッターで「テーマソングの制作を担当させていただくことが決まりました。ふるさと納税のご支援をよろしくお願い致します」としていた。

 高齢者のニセ電話詐欺被害防止を目指し、公益財団法人「佐賀未来創造基金」や佐賀県警など4者は、県のふるさと納税を活用した「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」による支援の募集をしている。その中で「資金的なめどが立った」(県警)とし、カノエさんにテーマソングの制作を依頼した。

 県警は「一つの目玉として4者で話していた。小さい子からお年寄りまで口ずさんでもらい、意識的に気付いてもらえるようなきっかけになれば」と話す。県警などは来年1月31日までに500万円を目標としている。24日までに目標金額の約45%に当たる225万円以上の寄付が集まっている。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加