玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会(石丸初美代表)は23日、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で、耐震設計の目安になる揺れ「基準地震動」を見直すよう求める要請書を山口祥義知事宛てに提出した。国や九電に対し働きかけるよう求めている。

 要請書では、大阪地裁が関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可を取り消した判決を踏まえ、「県が後ろ盾としてきた国の判断が誤りだという判決を重く受け止め、自らの責任で原発を停止させる決断をすべき」などと主張した。

 大阪地裁の判決を受け、県としての情報収集などの取り組みについて回答を求めた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加