日本サッカー協会は21日、来年の東京五輪を目指すU-23日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに、サガン鳥栖のDF森下龍矢(23)を追加招集すると発表した。森下のU-23代表招集は初めて。22~26日に千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで開かれる合宿に参加する。

 森下は静岡県出身で、明治大から今季鳥栖に加入。豊富な運動量と積極的な攻撃参加を持ち味に、右サイドバックとして33試合に出場し、3得点を挙げた。

 森下はクラブを通じて「今シーズンまだサッカーができることがとてもうれしい。思いっきりプレーして、成長して帰ってきます」とコメントした。(山口源貴)