佐賀市生まれで江戸時代の「煎茶中興の祖」として知られる売茶翁をしのぶ会が8日、黄檗宗(おうばくしゅう)本山万福寺(京都府宇治市)であり、秀島敏行佐賀市長と山本正宇治市長が意見交換した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加