橋やトンネルなど道路施設の老朽化対策を国や県、市町が連携して進める佐賀県道路メンテナンス会議が27日、県庁であり、年内に各自治体が今後5年間の点検計画を策定することを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加