11月30日に亡くなった伊万里市出身の前衛画家・池田龍雄さん(享年92)=東京都練馬区=は、岡本太郎らのアヴァンギャルド芸術運動に参画するなど、現代アートの先駆けとして注目を浴びる一方、自身の特攻隊員としての体験を根底に、反戦、反権力の思いを作品に込めてきた。県立美術館(佐賀市)の所蔵作品を通して画業を振り返る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加