ミサゴ

 ミサゴは海や川などの水辺で見られる大きなタカの仲間です。タカというと他の鳥を襲うと思われがちですが、ミサゴはほぼ100%、魚しか食べないタカです。「魚鷹(うおたか)」と呼ばれることもあります。

 海面近くを泳ぐ魚を飛びながら探し、狙いをつけると勢いよく足から水に飛び込んで魚を獲ります。獲った魚は必ず頭を前にして足の爪でしっかりと握り、安心して食べられる場所まで運びます。頭を前に向けるのは空気抵抗を減らすためと思われます。

 海にいる他のカモやシギなどの鳥たちは、ミサゴは魚しか食べないことを知っているらしく、上空を飛んでも逃げません。(日本野鳥の会佐賀県支部 中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加