干潟での救助を想定した訓練が11日、佐賀市の東与賀海岸で行われた。三池海上保安部と福岡航空基地に所属する隊員10人が、ムツゴロウ漁などで用いられる「潟スキー」を使い、迅速な救助法を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加