佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画について、九州防衛局は28日、佐賀県有明海漁協に、離着陸時の飛行経路や高度、回数を説明した。空港南側の有明海方向を基本経路とし、通常の着陸高度は滑走路から3キロ四方外側のノリ養殖場上空で300メートル以上を確保するとした。