海上温泉パレアのデッキで特産物などを販売したマルシェ=玄海町

海上温泉パレアのデッキで特産物などを販売したマルシェ=玄海町

 コロナ禍で玄海町の花火大会や産業祭が中止になった中、11月29日、海上温泉パレアのデッキでマルシェが開かれた。出店数は10店ほどと小規模だったが、旬の生がきやイカの一夜干し、棚田米、ミカンなどの農産物のほか、ハーバリウム(植物標本)やファブリックミスト(布用の芳香スプレー)作りができるブースも登場した。

 北風が強く、来場者はいまひとつだった。しかし、玄海町には、海や山の幸、美しいものがたくさんあり、そして楽しい人たちが大勢いる。今後、出店数を増やし、定期開催にすれば、にぎわい、ファンも増えてくるだろう。何といっても玄海の海を一望できるロケーションが最高である。次回は春ごろの予定、ぜひお立ち寄りください。(地域リポーター・山口直子=玄海町)

このエントリーをはてなブックマークに追加