武雄市は12日、現在5人の教育委員の数を公募で10人に倍増する方針を明らかにした。今月から始まった反転授業や来春から導入する官民一体型学校などの教育改革を進めており、教育課題が増えていることが理由。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加