■50年以上前のものも 県重要無形民俗文化財の「米多浮立」(上峰町前牟田地区)で用いられる大きな「天衝(てんつき)」に施された歴代の装飾が、解体修理作業中に見つかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加