渡り鳥の飛来時期を迎えるのを前に、佐賀県は29日、鳥インフルエンザの防疫演習を佐賀市で実施した。県の職員ら約210人が緊張感を持って模擬訓練などに取り組み、具体的な手順を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加