月例経済報告で、景気の基調判断が5カ月ぶりに下方修正された9月。県内経済は個人消費の不振が尾を引き、商況が一部で上向き感はあるものの、全体的に回復実感は薄く、宿泊も一部地域で客足が伸びなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加