玄海町との協議会設置などを申し入れる報告書案をまとめた玄海原発対策特別委=唐津市議会

 唐津市議会は14日、玄海原発対策特別委員会(三浦重徳委員長)を開き、東松浦郡玄海町と原子力行政を含むエネルギー政策などを話し合う協議会の設置を申し入れるよう報告書案をまとめた。閉会日の21日、本会議で報告する。

 報告書案では、同町と地域振興、教育・医療福祉、エネルギー行政などについての地域協議会を設置することを明記した。三浦委員長は「唐津市と玄海町でタッグを組み、原発を含むさまざまな課題に取り組むよう協議会の設置を」とコメントした。

 原子力に特化した協議会の設置について、峰達郎市長は今月8日の委員会で「同町が否定的で現時点での設置は難しい」との認識を示している。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加