梅雨時期の大雨災害を想定した災害警備訓練が、多久市南多久町の牛津川であった。小城署や多久消防署、県警航空隊など約35人が、救助技術などの向上を図るとともに、関係機関の連携を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加