福岡高裁確定判決の開門義務を履行せず、国が制裁金を支払う事態になったことについて佐賀県の古川康知事は「前例のない事態が起きている今が、いかに異常な状態かの象徴で、公金支出に至ったことは残念」と述べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加