衆院小選挙区の「0増5減」問題で、自民党の石破茂幹事長は13日、選挙区の定数が減少する佐賀など5県について、次期衆院選では比例代表で出馬する候補者を単独名簿の上位で処遇する方針を明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加