児童生徒1人1台のタブレット端末の配備を前に、学校と児童の自宅などをオンラインでつなぐ遠隔授業が、吉野ヶ里町の三田川小で開かれた。6年生4クラスで一斉に行い、社会や道徳の授業の中でオンライン授業の手法を探った。