食中毒が流行する夏場を前に、正しい手洗いを学ぶ講習会が8日、佐賀市川副町の南川副小と西川副小で開かれた。児童が、石けんで洗っても汚れが残りやすい爪や指の間の洗い方を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加