天山スキー場=佐賀市富士町(2020年1月撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、天山スキー場(佐賀市富士町)が今冬の営業を休止することが11日分かった。暖冬による雪不足なども影響している。

 スキー場を運営する天山リゾートによると、ここ数年の雪不足に加え、新型コロナウイルスの影響などにより「クローズせざるを得ない状況」という。

 同社は佐賀新聞社の取材に対し「ホームページの告知通り」とした上で、修学旅行などの団体客を受け入れた場合の感染防止対策が難しいことなども理由に挙げた。車のタイヤを滑らせながら走る「ドリフト」の走行用会場と小型無人機「ドローン」の飛行用会場は通常通り貸し出している。

 同社は昨年、人手不足を理由に1989年の開業以来初めてナイター営業を中止している。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加