これから、クリスマス、冬休み、お正月と楽しいイベントがたくさんありますね。友達と遊んだり、買い物に行ったり、お出掛(でか)けすることが増(ふ)えると思いますが、そのような時に皆(みな)さんに気を付けてほしいことがあります。
それは「自転車の鍵(かぎ)は必ず掛(か)ける」ということです。
 もし、皆さんが、いつも使っている自転車が盗(ぬす)まれてしまったらどうなるか考えてみてください。友達と遊びに行く時、学校、塾(じゅく)や買い物に行く時などいろいろと困(こま)ってしまうのではないでしょうか。
 佐賀県(さがけん)内では、今年に入ってから10月までに350台の自転車が盗まれていて、そのうちの約80%が自転車の鍵を掛けていない状態(じょうたい)で被害(ひがい)に遭(あ)っています。
 皆さんの大切な自転車を守るため、買い物などの「ちょっとした時間」や自宅(じたく)や学校などの「いつもの場所」でも自転車の鍵は必ず掛けるようにしましょう。
 「鍵をかける」という、ちょっとした心掛(こころが)けが自転車を盗まれないための一番の対策(たいさく)になります。自転車に鍵を掛ける習慣(しゅうかん)を身に付けて毎日を楽しく過(す)ごしましょう。(佐賀県警察本部生活安全企画(きかく)課 豆田季章)

このエントリーをはてなブックマークに追加