集団的自衛権行使に反対してきた公明党が与党協議を受け、憲法解釈の変更で「限定的」に行使を認める方向で調整に入っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加