■OB指導で初段合格 部員獲得へ二人三脚 鹿島高校で、1人だけの柔道部員が、部の存続に向け奮闘している。高校から柔道を始めた2年の堀越義樹さん(17)。「母校の柔道の火を絶やすまい」と願うOBらの指導を受けて今秋、見事に初段を獲得。11月の新人戦で勝利して存在をアピールしようと、練習に励んでいる。