1980年11月の開館から34年が経過した県立九州陶磁文化館(鈴田由紀夫館長)の機能や施設のあり方を考える検討委員会の初会合が30日、西松浦郡有田町の同館であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加