2015年ラグビーW杯イングランド大会の南アフリカ戦で、キックの前に狙いを定める五郎丸(共同)

 ラグビーのトップリーグ(TL)、ヤマハ発動機は9日、元日本代表のFB五郎丸歩(34)=佐賀工高出身=が来年1月に開幕する今季のTLを最後に現役を引退すると発表した。16日に記者会見を開く。関係者によると、新型コロナウイルスの影響で予定通りTLの全日程が開催されるか不透明な状況を踏まえ、開幕前に引退の意向を明らかにした。

 五郎丸は自身の写真共有アプリ「インスタグラム」で「今シーズンを最後に引退を決意しました。ラストシーズン自分らしく」などと報告した。

 福岡県出身。3歳でラグビーを始め、佐賀工高時代は国体初優勝、花園8強に貢献し、高校日本代表にも選ばれた。早稲田大で3度の大学日本一に輝き、ヤマハ発動機入り。正確なキックを武器に活躍し、日本代表では57キャップ。2015年ワールドカップ(W杯)では初戦の南アフリカ戦で1トライを含む24得点をマークし、歴史的勝利の立役者となった。キックの際に両手を体の前で合わせる独特のポーズで話題となり、一躍時の人となった。

 W杯後はスーパーラグビーのレッズ(オーストラリア)やフランス1部リーグの強豪トゥーロンに所属した。17年にヤマハ発動機に復帰した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加