間伐材を利用した積み木で遊ぶオイスカの「つみきの広場」が8日、小城市牛津町の牛津小であった。5年生77人と保護者らが積み木遊びなどを通して、森林の役割や自然環境を守る大切さなどを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加