縁起皿「染錦牛車行幸の図」(左)と祝い盃「大和豊穣」

 西松浦郡有田町の深川製磁は、来年の干支(えと)「丑(うし)」をテーマにした縁起皿と、歌会始のお題「実」にちなんだ祝い盃(さかずき)を発売した。

 縁起皿「染錦牛車(ぎっしゃ)行幸の図」は、染付の富士山を背景に、牛車を引く稚児2人を錦絵で描き、良い年になるよう願いを込めた。屋形に梅や丸紋の吉祥文様を、御簾(みす)に「福」の文字を配置。金彩で桐七宝文も施した。直径19センチ、皿立て付きで税込み5500円。

 祝い盃「大和豊穣」は、五穀豊穣を祈る宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」がテーマ。染付の富士山を遠景に、たわわに実った新米を陰影ある金彩で表現した。直径8センチ、高さ3センチで6930円。

 全国の直営店などで販売。問い合わせは深川製磁本店、電話0955(42)5215へ。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加