吉川貴盛衆院議員(70)=自民=が農相当時、鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表(87)から現金計500万円を受領した疑いがある問題で、内閣官房参与の西川公也元農相(77)も2018年以降、現金数百万円を受け取ったとみられることが8日、関係者への取材で分かった。本人から申し出があり、内閣官房は同日付で西川氏が退職したと発表。西川氏は周囲に「悪いことはしていないが、自民党と政府に迷惑を掛けるので身を引く」と説明した。

 17年10月の衆院選で落選後に、首相のアドバイザー役の内閣官房参与に就任し、今年9月発足の菅内閣でも再任された。落選後も自民党栃木県第2選挙区支部の支部長を務め、18年1月にアキタ社の顧問に就いた。現金受領疑惑を捜査する東京地検特捜部は、参与としての職務権限や顧問の役割を踏まえ、現金の趣旨を慎重に調べるとみられる。

 西川氏は今年11月、取材に「政治資金規正法にのっとり、適正に処理している」と話し、不正な受領はないと説明したが、政党支部や資金管理団体の政治資金収支報告書に記載はなかった。

 鶏卵業界は近年、家畜を快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア」の国際基準の緩和や、卵価が下落した際に生産者の損失を補塡(ほてん)する事業の拡充を求め、政治家や農林水産省に積極的に働き掛けをしていた。元代表はこうした活動の中で西川、吉川両氏に現金を提供したとみられる。

 西川氏は農林族議員の重鎮。14年9月に安倍内閣の農相に就任したが、自身が代表の政党支部が不正な寄付を受けていたことが発覚してわずか5カ月で辞任した。

 関係者によると、元代表とは長年親交があり、今年7月にアキタ社が所有する豪華クルーザーで接待を受けていた。この翌日、検察当局は昨年7月の参院選広島選挙区を巡る河井克行元法相夫妻の買収事件の関係先として同社を家宅捜索した。

 吉川氏は農相在任中の18年10月~19年9月、大臣室などで3回にわたり、元代表から計500万円を受け取った疑いがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加