小城・多久歯科医師会(林田宏紹会長)は7日、小城市小城町の宝地院で、治療で抜いた歯の供養を行った。歯科医師や歯科衛生士ら約20人が、同院に設置された「歯の供養塔」の前で手を合わせ、歯の霊を慰めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加