久光-JT 第3セット、ブロックでポイントを奪う久光のフォルケ・アキンラデウォ(右)と長岡望悠=SAGAサンライズパーク総合体育館(撮影・鶴澤弘樹)

 バレーボール女子・V1リーグの久光スプリングス(鳥栖市)は5日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でJTマーヴェラスと対戦し、0―3のストレートで敗れて今季初の3連敗を喫した。通算成績は5勝7敗で、順位は一つ下がって7位。

 久光スプリングスは第1セット、序盤に野本梨佳のスパイクなど4連続得点でリードしたが、終盤に逆転を許し、25―27で落とした。追う展開となった第2セットは、アキンラデウォのサービスエースで22―22と一時同点としたものの、勝負どころで得点を奪えず、23―25で失った。第3セットも井上愛里沙の得点などで接戦に持ち込んだが、23―25で競り負けた。

 久光スプリングスは6日午後0時5分から同体育館で、埼玉上尾メディックスと対戦する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加