地元食材を使った献立の栄養価やアイデアなどを競う第15回「全国学校給食甲子園」の決勝大会が5日、東京都内で開かれ、青森県の外ケ浜町給食センターが優勝した。例年は会場で調理し味の審査も行われていたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で書類審査のみに。全国6ブロックから選ばれて決勝に進出した12代表は、それぞれの地元からオンライン中継で見守った。佐賀県からは佐賀市富士学校給食センターが出場した。

 優勝した献立は、地元のB級グルメをヒントにした鶏料理「青森シャモロックみそバターソテー」や、青森特産のホタテを太鼓に、なるとと細切り昆布を風に見立てた「風太鼓汁」など。同センターの栄養教諭長沼裕美子さんは「これからも一生懸命作りたい」と喜んだ。(共同)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加