嬉野市議会は16日、6月定例会で「手話言語条例」案を審議し、手話通訳士が議場で同時通訳した。聴覚障害者が傍聴を希望し、市執行部が議会に議場での手話通訳の許可を求め実現した。県内では初の取り組み。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加