福井県は4日、同県あわら市の製薬会社「小林化工」が、爪水虫など皮膚病の治療に使う経口抗真菌剤イトラコナゾール錠50「MEEK」約10万錠分を自主回収すると発表した。製造過程で通常の服用量を超える睡眠導入剤成分が混入し、岐阜、大阪、佐賀の3府県で計12人に、意識消失や強い倦怠(けんたい)感などの副作用が確認されたという。

 小林化工によると、イトラコナゾール錠は、白癬(はくせん)菌が原因で爪が白く濁り爪水虫とも呼ばれる「爪白癬」などの治療に使う医療用医薬品。12月1~3日に2~77歳の男女12人に副作用が確認された。約半数は回復に向かっているが、岐阜県の男性(59)が救急搬送され、入院した。

 回収対象はロット番号「T0EG08」と刻印され、9月28日以降に出荷された商品。全国の医療機関などに流通しているとみられる。

 問い合わせは同社学術部、フリーダイヤル(0120)370690。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加