竹下製菓の「ブラックモンブラン」

 「ブラックモンブラン関東上陸マジか!?」「アイス界の黒船が来る!!」―。竹下製菓(小城市、竹下真由社長)が関東に製造拠点を設けたことを受け、短文投稿サイトのツイッターなどには歓迎や期待の声が次々と投稿されている。

 佐賀新聞社が2日に記事をツイートしたところ、4日夕方までに6800件を超えるリツイート(転載)があった。

 同社はこれまで販売地域を中国地方までにとどめ、関東では一部スーパーのみでの取り扱いで認知度も低かった。ツイッターのコメントには「待ってました!東日本に来たぞー」「関東でもブラックモンブランが食べられるようになるのね」と九州出身者と思われる人が歓迎の言葉を並べた。

 一方で「関西にも作ってくれんかな」「大阪まで供給くるかな」と関西が“空白地帯”になってしまうのではという嘆きもあった。

 竹下社長はネットの反応に「どのように思われるか不安もあったが応援してもらえてほっとした。九州でも関東でも頑張りたい」。埼玉の工場では製造機器の関係から一口サイズの商品から作るとして、通常のブラックモンブランの関東での販売開始については「まずは営業して売り先を見つけなければいけない。近い将来に」と述べるにとどめた。(大橋諒、中島佑子)

【関連記事】竹下製菓が関東に製造拠点 ブラックモンブラン販路拡大へ 埼玉のメーカーを子会社化

このエントリーをはてなブックマークに追加