東京五輪・パラリンピックで新たに生じる費用負担額は東京都が1200億円程度、国が710億円程度、大会組織委員会は既に予算に計上している予備費を含めて1030億円程度とすることが確認された。

このエントリーをはてなブックマークに追加