任期満了に伴う来年3月の小城市長選で、現職の江里口秀次氏(68)=小城町=が4日、5選を目指して立候補することを市議会一般質問で明らかにした。次期市長選への出馬表明は江里口氏が初めて。

 議員から出馬の意思を問われた江里口氏は、牛津川流域での遊水地整備、多久市との公立病院の統合など進行中の計画を挙げ「安心して暮らせるまちづくりを進めるために、次期選挙に挑戦し、全力を注ぎたい」と述べた。

 江里口氏は小城高-西南学院大卒。合併前の小城町長を2期務めた後、旧4町の合併に伴う2005年4月の市長選で初当選した。

 次期市長選は2021年3月21日告示、28日投開票の日程で実施される。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加