佐賀県内で新型コロナウイルスの感染が確認された場合、県が発表している。感染した人に関する情報は国の基本方針を参考に、まん延防止に必要な範囲で個人情報保護に留意しながら性別や年代、居住する市町、行動歴などを公表している。

 感染した人が居住する市町は、県の発表を通じて把握し、内容も公表した情報だけになる。県は「同じ行政機関であっても、個人情報保護などから公表以外の情報を出すことはない」と説明する。発表の際は当事者らに対する情報の詮索や不当な差別、偏見などがないよう呼び掛けている。

【関連記事】

<新型コロナ>差別被害、言えず、見えず 佐賀県内市町で相談5件

このエントリーをはてなブックマークに追加