陸上自衛隊木更津駐屯地に到着し、暫定配備された輸送機オスプレイ(2020年7月に撮影)

 佐賀空港への配備計画がある陸上自衛隊輸送機V22オスプレイが陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備されていることを受け、佐賀県の山口祥義知事は3日、「状況によっては木更津を訪問する」という考えを示した。

 県議会一般質問で、坂口祐樹議員(自民)や江口善紀議員(県民ネット)の質問に答えた。

 山口知事は「われわれは木更津の状況に関心を持たなければいけないし、注視しないといけない。今後の状況によっては私が木更津を訪問することもあり得ると思っている」と述べた。

 佐賀空港周辺の自治会の代表者らが11月16日に九州防衛局を訪れ、住民説明会を要望した際、広瀬律子局長が応対しなかったとされることについては「住民の皆さんと膝を突き合わせるつもりで、誠意を持って対応すべきだ」と苦言を呈した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加