チームのタオルを持って笑顔を見せる岩坂名奈選手と戸江真奈選手(右)。中央は秀島敏行市長=佐賀市役所

チームのタオルを広げて笑顔を見せる岩坂名奈選手(左から2番目)と戸江真奈選手(同4番目)。両選手の間は秀島敏行市長=佐賀市役所

秀島敏行市長(手前右)からのエールを受ける戸江真奈選手(右)と岩坂名奈選手=佐賀市役所

 バレーボール女子・V1リーグの久光スプリングス(鳥栖市)の戸江真奈、岩坂名奈の両選手が3日、佐賀市役所に秀島敏行市長を訪問した。5、6日にSAGAサンライズパーク総合体育館(同市)であるホームゲームで連勝し、巻き返しを狙うことを誓った。

 レギュラーラウンドの半分を終え、チームは現在、通算成績5勝6敗で6位につけている。戸江主将(26)は「佐賀でファンの応援を受けながら、残りの試合へのいいスタートを切っていきたい」と意気込んだ。岩坂選手(30)は「佐賀で開幕してから、課題を克服しながらやってきた。チームの成長した姿を見てもらえたら」と話した。秀島市長は「見る人に楽しみや生きがいを感じさせる試合にしてほしい。頑張って」とエールを送った。

 久光スプリングスは、5日午後1時5分からJTマーヴェラスと、6日午後0時5分から埼玉上尾メディックスと対戦する。チケットは全席指定席で両日ともそれぞれ約100席の残りがある。当日券の販売はない。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加