参加を呼び掛ける第10回唐津検定のポスター

 唐津商工会議所は「第10回唐津検定」を来年2月14日に開催する。今年のテーマは「唐津の元気」。唐津を元気にした人物、食、産業などを幅広く出題しながら、コロナ禍の中で市民や事業者に元気になってもらおうと企画した。

 同会議所は感染症対策ガイドラインを作成し、開催を決めた。会場は大名小路の唐津商工会館で行われる。試験は午前10時から、時間は90分間。全100問中、7割程度を検定公式本「唐津探訪」(当日持ち込み可)から出題する。3択マーク方式の100点満点で合格は70点以上、小学生以下は50点以上となっている。表彰式は当日午後2時から。

 参加者全員に海中展望船ジーラの無料乗船券や検定当日に限り、唐津城や曳山(ひきやま)展示場などの入場が無料になる。全ての合格者に唐津くんち10番曳山(やま)「上杉謙信の兜」をデザインした合格手形(1年間、市所有の観光文化施設が入館無料)を贈る。満点合格者に唐津産コシヒカリ3俵を、小学生部門の最高得点賞にはステーキハウス蜂のペア食事券などを贈る。

 受験料は一般2千円、小学生以下500円(親子で受験の場合、小学生以下1人が無料)。所定の申込用紙を同会議所へ持参するか、郵便局の振り込みで申し込む。申し込みは1月8日までで、定員120人になり次第締め切る。問い合わせは同会議所、電話0955(72)5141。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加