佐賀県教育委員会は3日、同日実施した県独自の学習状況調査で、小学6年の社会と中学2年の英語で出題ミスがあったと発表した。いずれも、採点の対象から除外する。

 県教育振興課によると、小学6年の社会の3択問題で正解が二つあるミスがあった。中学2年の英語のリスニングテストの選択肢には、同じイラストが二つ掲載されていた。

 問題は県教委が作成し、職員10人で点検していた。同課は「チェック項目を見直すなどして再発防止に努めたい」と話している。

 調査は小学6年が約7500人、中学2年は約7100人受験していた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加