大町町地域おこし協力隊として災害支援に取り組む公門さん

 公門寛稀(くもんひろき)さん(30)は10月から、大町町地域おこし協力隊災害支援担当として活動しています。

 前職を退職後、国際NGO主催の船旅で23カ国を訪ね、日本の社会課題にもより関心を持つようになりました。帰国直後に熊本地震が起き、災害ボランティアに関わったのがきっかけで、災害支援NPO職員として昨年の佐賀豪雨でも活動しました。

 今は地域に受け入れてもらえるように、あいさつ回りを重ねています。災害に関することは一人で解決できるものではないので、地域と一緒に取り組んでいきたいと思っています。培ってきた経験やネットワークを大町町や佐賀県の災害対応に生かせたらと思っています。(地域リポーター・永松直子=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加