玄海海上温泉パレア(東松浦郡玄海町)

 東松浦郡玄海町にある「玄海海上温泉パレア」の新たな指定管理者について、町は町内で佐賀牛の加工販売を手掛ける「中山牧場」を選定した。7日再開の町議会に議案を提出する。パレアの指定管理を町内の企業が担うのは初めて。

 10月に開かれた選定委員会で、町内外の3社から中山牧場を選定した。理由について町企画商工課は「レストランで自分たちの肉が使えて、他の食材も町内のものを調達しやすい」とし、食の面で町の魅力を発信できる点を評価した。議会で承認が得られれば、管理期間は2021年4月から26年3月までになる。

 パレアは2004年に開館以降、4社が指定管理者を務めたが、16年間で黒字は3年間だけだった。町は民間業者にヒアリングを実施し、年間の委託料を3300万円から4500万円に引き上げ、中長期的な経営ができるよう、管理期間を3年から5年に延長した。

 中山牧場について同課は「コロナ禍ですぐに集客を増やすのは難しいが、できる範囲で運営をしてもらえれば」としている。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加