嬉野市議会一般質問は11~13日の3日間で14人が登壇。「日本創成会議」が先月発表した試算で、嬉野市が「消滅可能性自治体」に挙げられたことに関する質問が相次いだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加