次期市長選への考えを議員から問われ、答弁する秀島敏行市長=佐賀市議会

 来年10月22日の任期満了に伴う佐賀市長選に関し、秀島敏行市長(78)は2日の市議会一般質問で「来期、具体的にどうするかは考えていない」と答弁し、進退について明言しなかった。

 福井章司議員の質問に答えた。秀島市長は4期目の市政運営を振り返りつつ「当面は新型コロナウイルス問題もあり、やり残した仕事がたくさんある。市民の幸福感の向上につながるように、引き続き職員と汗をかきたい」と述べるにとどめた。

 米大統領選で争ったドナルド・トランプ(74)、ジョー・バイデン(78)の両氏を引き合いに「選挙への熱意が強く、年齢的にそれほど変わらないので、ある意味で勇気をいただいた」としながらも「任期ごとに考えるのがガラシャ夫人の辞世の句で、進退に絡む部分は潔しという教えを忘れないようにしている」とも述べた。明智光秀の娘でキリシタンとなった細川ガラシャは、散り時を心得てこそ花や人は美しいという趣旨の言葉を残している。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加